都内で生協の宅配を利用する際の手数料について

都内で生協の宅配を利用する際の手数料について

1.都内で利用できる生協の種類(コープデリ、パルシステムetc)
東京都内にはたくさんの生協があり、自宅まで宅配してくれる所も多いです。そのため、生協の宅配を希望する場合には、自宅のそばにどんな生協があるのかをチェックすることから始めると良いでしょう。都内で利用できる生協には、コープデリやパルシステム、東都生活協同組合(東都生協)などがあります。どこも生協の宅配サービスをしているので便利ですが、いくら以上購入すると宅配のための手数料が無料になるのかという点は異なります。また、生協の宅配だけでなく店舗へ買い物に行く機会も多い場合には、やはり自宅から足を運びやすいロケーションや、日常生活でよく行動している範囲の中にある生協を選んだほうが使い勝手が良いでしょう。

2.それぞれの生協の特徴
生協の宅配の中でも最大の規模を誇るのはコープデリです。組合員数は421万人以上で、都内にあるほかの生協と比べると圧倒的な規模と知名度を誇るのが特徴です。コープデリが取り扱う商品は常時2000点を超えていて、すべての商品に対して政府が定めた厳しい安全基準をパスすることをモットーとしています。都内には71店舗が出店されているので、足を運びやすいロケーションで見つけやすい点もコープデリの特徴と言えます。

パルシステムは、子育てサポート制度が充実しているのが特徴の生協です。組合員数は142万世帯以上と都内では2番目に巨大な生協で、商品や品質に徹底的にこだわっている点が特徴です。安全性検査においては、政府が定めた厳しい基準よりも10倍程度さらに厳しい基準を独自に設けて検査を行うため、その品質と安全性に関しては右に出るものがいないという点も大きな魅力となっています。

都内のみを主に対象とした東都生協は、産地直送品や安全性検査などポイントを抑えた品質管理が特徴です。杉並区に1店舗のみが出店されていますが、今後はもっと拡大することが期待されています。

3.それぞれの生協でかかる手数料は
都内で生協の宅配を利用する場合、手数料がかかりますが、条件を満たせば手数料無料になるところが多いので、利用する際にはぜひ念頭に入れておきたいものです。まずコープデリの場合には、9,000円以上のショッピングで手数料が無料となりますが、それ以下の金額だと194円の手数料がかかります。パルシステムの手数料も194円ですが、こちらは無料にするための条件は12,000円以上の利用となります。東都生協の場合には、1万円以上の利用で194円かかる手数料を無料にできます。

「2017年現在」